成功マインド

ウィークタイズ理論は人生を変えるか?

どうも、おーがです。

今日はとある方の記事をみていて気になる言葉が出てきたので
記事にしています。

唐突ですがウィークタイズ理論って知ってますか?
おそらく僕と同じように「何それ?美味しいの?」状態の人の方が多いかと。

この用語は初耳だったのでググってみました。

内容も面白かったのでシェアハピします!笑

ウィークタイズ(weak tides)理論とは

「弱いきずな」という意味の言葉で、アメリカの社会学者マーク・グラノヴェッターが1973年に発表した概念です。

ウイーク・タイズの反対の言葉はストロング・タイズ、つまり「強いきずな」であり、これは家族や親戚、親友などといったその人にとって非常に強い結びつきのある人間関係を指します。

ストロング・タイズは、同じ会社で毎日働いている身近な上司や同僚も含まれます。

マーク・グラノヴェッターは、このストロング・タイズの人間関係の中でばかり仕事や生活をしていると、限られた情報の中で暮らすこととなり、新しい世界や情報に接するチャンスを失うことになると指摘しました。

これに対し、ウイーク・タイズとは自分の知らない業界や深い人間関係がない人たちとの繋がりになります。

この場合、自分にとって新鮮な新しい情報が得られる可能性が高くなるとグラノベッターは主張しました。

そしてグラノヴェッターの研究によると、ストロング・タイズに頼って情報収集をした人より、ウイーク・タイズと通して情報を集めた人のほうが、満足感の高い就職先を見つけることが出来た、というのです。
これが、ウイーク・タイズの考え方です。

引用:キャリア・インサイト

ウィークタイズ=「弱いつながり・緩やかな関係」
(SNSでの知り合い・友人の友人?)

ストロングタイズ=「強いつながり・強固な関係」
(家族・職場の同僚・同級生)

この調査結果ってすごく興味深いなと感じます。

 

だって、本来ならば自分のことをよくわかってくれているはずの
ストロングタイズ関係にある人と関わっていた方が良い影響を受けると思いませんか?

今でこそ、このウィークタイズ理論と考え方は真実だよなぁ
と心から思うことができるんですけど

少し過去に戻ってみるとどれだけ
ストロングタイズ=狭い世界にいたか実感できると思います。

それは、学校です。

 

特に小中高ってストロングタイズ祭りですよね(笑)

どの委員会に所属するか
どの部活に入るか
どの学校に進学するか
etc

身近な誰かと相談して決めたこと絶対にありますよね?
他にたくさんの選択肢があるはずだけれど、本人にも同級生にも両親にも
経験や他の世界を知らないので周りに流される的なアレです。

 

こういう環境で育ってきたことが影響してストロングタイズ関係を
日本人は優先してしまうんじゃないかなぁと
(超個人的な考えですよ?w)

ホリエモンがよく言ってますけど、「日本人は洗脳されてる」って
あながち間違ってないなと感じます。

だからこそ、考えられる人間になる必要があるわけですね。

っとその話はまた別でしましょう。

ウィークタイズ理論は自分自身で証明されている

ウィークタイズの考え方は
「自分にとって新鮮で新しい情報を得られやすくなる可能性がある」とありましたが

これは僕自身で証明されているから
この理論は本質をついてるな!と感じました。

 

どこでそんな経験をしたのかというとTwitterでして

 

これは少し誇張っぽく聞こえてしまうと思うんですが
「顔も知らない他人をフォローして人生が変わった」んです。
(つながりは一切ないのでウィークタイズというのか微妙)

もう少し具体的に説明すると、
インプットする情報によって考え方・行動が変化したということ

 

いやー。
胡散臭さMAXで信じられないと思います。
だけど、真実です。

僕はとあるネットビジネスアカウントをフォローしたことによって
アフィリエイト、wordpress、ブログ運営を知りました。

 

そこから実際に、wordpressを使ってブログまで書いているという事実は
揺るぎようがないです。

断言しますが、そのアカウントに出会わなければ
今でも、サラリーマンを適当にやってだらだらと毎日過ごしていたことでしょう。
情報発信というワードすら知らず死んでいった可能性すらありますw

この話を聞いて、インプットする情報がマジで重要だと感じてもらえますよね?
だから、ウィークタイズ理論は真だと感じている次第です。

 

話が長くなってしまったのですが
いい情報に触れて、世界観を広げるためにも
このウィークタイズという言葉は覚えておきましょう!

それではまた!

公式メルマガ公開中!

僕のメールマガジンでは、

「営業電話すらまともにできずに上司から呆れられ」
「離職後、貧乏すぎて炭酸水のみで1日を過ごしたり」
「親から存在を煙たがられるほど、お先真っ暗だった僕が」

「ネットビジネス」に出会い人生を切り開いていく物語や「お金」と「時間」の自由を手に入れる方法。

その、根本となる考え方を具体的に話しています。

 

メルマガはコチラ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です