起業

「吉原ゴウ」TEDの動画まとめ

どうも、おーがです。

今日はTEDをみていて面白かった動画があったので紹介したいと思います。

TED自体は有名だと思うのですが、知らない人向けに解説すると「経済・学術・エンターテイメント」といった様々な分野に特化した人達がアイディアや研究の成果のプレゼンテーションするというものです。

そして、そのプレゼンテーション動画はTED公式のYoutubeチャンネルで閲覧することが可能です。詳しく知りたい方はwikiのページから確認してみてください。『TED-wiki

では、早速紹介に移ります!

今回、紹介する動画は『好きから生まれるファンの作り方:Go Yoshiwara』というタイトルで吉原ゴウさんという方がプレゼンターです。

吉原ゴウさんの経歴

  • 株式会社LIG 代表取締役社長
  • 中学卒業後は専業農家へなるも1年で転職→料理の世界を志すが1年で再転職
  • 23歳でウェブデザイナーへ
  • その後も体力的な面から仕事が続かないので起業

という経歴の持ち主で、現在はウェブ制作会社である「株式会社LIG」の社長とのこと。

経歴を見る限りだと、中学卒業後から数年間はかなり苦労されていた様ですね。起業するまでにカヤックインストラクター、雀荘、アダルトショップ店員といった職業を経験しているらしく、かなり濃い人生を歩んでいる方です。

好きから生まれるファンの作り方とは

吉原さんが動画内でプレゼンしていた内容を要約すると

まず、企業や個人でも何かしらの活動していく際には、自分の強みを伝えることが大切。

なぜなら、どんな世界でも競合が存在するから。しかも、同じようなクオリティ・価格でサービスを売っているところなんて腐る程存在する。

競争で差別化を測ろうとするならば

「営業をかけて自社のサービスを買ってもらう」or「価格を安くする」という手法になってしまうことが多い。

しかし、自身が営業電話をかけるのも苦手で自社サービスの価格もなるべく下げたくない。

こうなった場合にどうしたらサービスが売れるのかを考えたら「ファンになってもらう」という戦略が浮かんできたそうです。

どういった時に人が企業のファンになるのか一般的な流れで解説すると

  1. サービスを知る
  2. サービスを購入する
  3. 感動する・満足する
  4. リピーターになる
  5. ファンになる

という流れになる。

吉原さんは

  1. 会社を知ってもらう
  2. 共感してもらう
  3. ファンになる
  4. サービスを購入する

という流れを作った。

これは競合に対してめちゃくちゃ強い。

なぜか?

ファンだから買ってくれる」ようになるから。

サービスのクオリティも価格も同じくらいの競合がいたとして比較検討した際には、どうせだったら好きな方から買おうという心理が働くこともメリットとも。

だから、ファンになってもらう取り組みとしてブログで情報発信をしていて

社長を九十九里の浜辺に埋めてみたり、プライベートな結婚式を会社のブログにアップする。

他にも

  • 実際に所属している社員の結婚相手を募集
  • 世界一即戦力な男を採用(詳細は動画にて)
  • etc

とにかく自分たちが楽しい、面白いと思ったことは会社のブログで発信していくことを何年も続けている。

どうしてこんなことを続けているのかというと

情報を発信すると知ってもらえる→共感が生まれる→ファンになってもらえる

という流れが出来上がるため。

また①の好きなことをベースに情報発信を行うのが重要(ここはなんでも良い)で徐々に共感する人たちやファンが必ず現れるということ。

まとめ

この動画では好きなことをベースに情報発信することでファンを獲得していく方法を吉原さんがプレゼンしてくれたわけですが、この流れが最近個人に向いてきているのでシェアしたいなと思いました。

本当にファンを作るのは強いなーと感じていて、有名なYoutuber・インスタグラマーなんかは動画や写真で自分が好きなことを発信し続けた結果がチャンネル登録者数、フォロワーという数字に反映されていますよね。

また、驚くことにテレビのCMや広告では商品が売れにくくなっているにもかかわらず、影響力のあるインフルエンサーが紹介する商品はバンバン売れたりしているので、個人の影響力・発信力がますます求められる時代に入ってきている証拠でもあります。

ですが、最初からファンを作るとなると難しいとは思うので、発信する力を養うためにも好きな媒体で好きなことを発信することをオススメしたいと思います。

ツイッター、インスタ、Youtube、TikTok、FaceBookなどたくさんあって迷う人はツイッターをやっておけば問題ないです。

140字以内に簡潔に発信したいことをまとめないといけないので、いい練習になりますよ!

では!

無料メルマガを受け取れます。

僕のメールマガジンでは、

「営業電話すらまともにできずに上司から呆れられ」
「離職後、貧乏すぎて炭酸水のみで1日を過ごしたり」
「親から存在を煙たがられるほど、お先真っ暗だった僕が」

「ネットビジネス」に出会い人生を切り開いていく物語や「お金」と「時間」の自由を手に入れる方法。

その、根本となる考え方を具体的に話しています。

 

メルマガ限定特典を受け取る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です