起業

わざわざ映画館に3回も観に言った男が語る「スパークル」歌詞のよさ

こんにちわ、おーがです。

 

ちょい前のことですが、

2016年に上映された「君の名は。」の

「スパークル」という曲の歌詞が大好きなんですね。

知ってる方も多いと思いますが、それがこの曲。

 

 

ちなみに上映されてから1人で3回も映画館へ観に行きました(笑)

後にも先にもこの作品だけです。

 

アホじゃね?

って思われるかもしれませんが、

それだけ素晴らしい作品だったし、

僕の感情がガンガン動かされていた証拠ですね。

 

・ストーリー
・イラスト
・アニメーション
・セリフ
・情景

本当に素晴らしい作品でした。

スパークルの歌詞

まだこの世界は 僕を飼いならしてたいみたいだ
望み通りいいだろう 美しくもがくよ

互いの砂時計 眺めながらキスをしようよ
「さよなら」から一番  遠い  場所で待ち合わせよう

ついに時はきた 昨日までは序章の序章で
飛ばし読みでいいから ここからが僕だよ
経験と知識と カビの生えかかった勇気を持って
いまだかつてないスピードで君のもとへダイブを

まどろみの中で 生温いコーラに
ここでないどっかを 夢見たよ
教室の窓の外に
電車に揺られ 運ばれる朝に

運命だとか未来とかって 言葉がどれだけ手を
伸ばそうと届かない 場所で僕ら恋をする
時計の針も二人を 横目に見ながら進む
こんな世界を二人で 一生 いや、何章でも

生き抜いていこう

「初めまして」なんてさ 遥か彼方へと追いやって
千年周期を 一日で息しよう

辞書にある言葉で 出来上がった世界を憎んだ
万華鏡の中で 八月のある朝

君は僕の前で ハニかんでは澄ましてみせた
この世界の教科書のような笑顔で

嘘みたいな日々を 規格外の意味を
悲劇だっていいから 望んだよ
そしたらドアの外に
君が全部抱えて 立ってたよ

運命だとか未来とかって 言葉がどれだけ手を
伸ばそうと届かない 場所で 僕ら遊ぼうか

愛し方さえも 君の匂いがした
歩き方さえも その笑い声がした

いつか消えてなくなる 君のすべてを
この眼に焼き付けておくことは
もう権利なんかじゃない 義務だと思うんだ

運命だとか未来とかって 言葉がどれだけ手を
伸ばそうと届かない 場所で僕ら恋をする
時計の針も二人を 横目に見ながら進む
そんな世界を二人で 一生 いや、何章でも

生き抜いていこう

 

情報が結びつくと、より深く想像できる

 

運命だとか未来とかって 言葉がどれだけ手を
伸ばそうと届かない 場所で僕ら恋をする
時計の針も二人を 横目に見ながら進む
そんな世界を二人で 一生 いや、何章でも

生き抜いていこう

 

僕は、この部分の歌詞がマジで大好きなのですが、

「時計の針も二人を横目に見ながら進む」

このフレーズやばくないですか?

どんな訓練すれば思いつけるのか不明です(笑)

 

ネタバレになってしまいますが、

本来、主人公の瀧くんとヒロインの三葉は同じ時間軸に存在していないんです。
(三葉が事故で亡くなってしまってから)

 

でも、彗星の影響で入れ替わってお互いを知って恋に落ちていったし、

最終的に過去の三葉を救って未来を変えましたよね。

 

歌からでも作品の内容とか情景を思い出せたり、

想像力が広がりまくります。

↓僕が歌詞を言葉にするならこんな感じ↓

2人の世界は運命や時間という概念で定義できない。
人の認識できる世界線から何歩もずれてるんだよ。
そういう場所で出会って、恋したんだ。

ポエムだねw

でも、作品のテーマはマジでこれですからね。

 

作品のストーリーに目が行きがちですが、

歌の意味も読み込んでおくことで、

得られる情報量が格段に上がる。

 

こういう自分フィルターを通して発信していけば、

オリジナリティが出て良いコンテンツになっていくと思います。

 

そんな話でした。

無料メルマガを受け取れます。

僕のメールマガジンでは、

「営業電話すらまともにできずに上司から呆れられ」
「離職後、貧乏すぎて炭酸水のみで1日を過ごしたり」
「親から存在を煙たがられるほど、お先真っ暗だった僕が」

「ネットビジネス」に出会い人生を切り開いていく物語や「お金」と「時間」の自由を手に入れる方法。

その、根本となる考え方を具体的に話しています。

 

メルマガ限定特典を受け取る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です